ニュースリリース

2008

名刺・はがき・カード専用スリッタ きりっ子「MC-01」新発売
 

2009年5月26日

 

岩崎通信機株式会社(本社:東京都杉並区、社長:二村裕治、資本金60億円、略称:岩通)とメディアコンフォート株式会社(本社:東京都千代田区、社長:多湖幹夫、資本金3億円、岩通100%資本出資子会社)は、高機能・低価格化を実現した名刺・はがき・カード専用スリッタ きりっ子「MC-01」を発売致します。


きりっ子「MC-01」

 
『高機能・低価格化をコンセプトに、新しい市場への浸透』

 

きりっ子「MC-01」は、メディアコンフォート株式会社(略称:MCC)が販売するきりっ子シリーズの、最上位モデルの機能を有しながら、岩通の設計・生産技術を駆使し、最大限の低価格化を実現しました。また、設計仕様には、MCCがこれまで業界で培ったノウハウを活かすとともに、市場から収集したニーズを全て網羅し、コンパクトな設計に加え、操作性、利便性を大きく向上させております。  きりっ子シリーズは名刺・はがき・カードなどを印刷するオフセット印刷機やオンデマンドプリンタのフィニッシャ(裁断工程の機器)に位置づけられ、低コスト、短納期の要求にベストマッチした商品として、発売以来、国内で約1万台の販売実績があります。本きりっ子「MC-01」は、時代のニーズである、小ロット、多品種に対応したカット精度の高い調整機能を有し、高性能でありながら低価格化を実現した商品です。 

今日の社会において、カードの需要は大きく、不況時にも需要増が期待されており、国内外の市場へ展開し、シェア拡大を目指して参ります。  

商品コンセプト
 
@ 従来機の最上位レベルの機能を有しながら、低価格・コンパクト化を実現し、新しい市場へ浸透させる。
A オンデマンドプリンタのフィニッシャとして、小ロット・多品種のカードにおいて、精度の高いカット仕上げが可能。
B 海外規格UL/CE/RoHSに対応し、オンデマンド化が進む海外市場への投入により、カードスリッタの世界スタンダードを目指す。

 

主な特長
 
@ 様々なプリンタ出力物への対応が可能です。
給紙台回転方式により、オンデマンドプリンタでありがちな斜め印刷を補正します(斜像調整機能)。また、はがき4面台紙カット時の精度向上に威力を発揮します。
A 用紙のロスを最大限防止します。
2枚差しの防止機構に加え、マイクロセンサによる検出機能を搭載。万が一、2枚差しをした場合も検知時に給紙動作が停止し用紙を保護します。また、従来のマーク読取機能に加え、マーク未検出時に給紙動作が停止し用紙を保護します。
B 0.1mm単位で高精度なカットを実現します。
用紙の伸縮や面付け誤差があっても0.1mmピッチで補正が出来るので、位置精度の高いカットが可能です。
C 幅広い印刷用途への対応が可能です。
可変スリッタユニット搭載により、仕上げサイズが自在です。名刺やハガキ、ショップカード、スタンプカード、商品タグなどデザインに合わせたカットが可能です。
D 作業効率の向上を実現します。
ユーザメモリを20パターン登録可能です。簡単に呼び出す事ができ、作業効率が上がります。また、減算リピートカウンタ・トータルカウンタも搭載しています。
E 海外市場に向けて輸出にも対応します。
「RoHS」対応し「UL」「CE」を取得予定。操作パネル表示も「日本語」「英語」切替、寸法単位も「mm」「inch」表示に対応(工場出荷時設定)。

 

きりっ子「MC-01」の製品構成および標準販売価格
 
・機械本体 539,000円(消費税別)
・オプション SU-2 はがき十字切りユニット  価格未定

 

発売開始
 

2009年6月18日  

 

出荷開始
 

2009年6月30日

 
お問い合わせ
 

報道関係者窓口
総務人事部 広報担当
TEL 03-5370-5112
FAX 03-5370-5115   お客様窓口
メディアコンフォート株式会社 デバイスソリューション部
TEL 03-3514-1027
FAX 03-3514-1028