METER
AUTOMATION
READING
SOLUTION

メーター自動読み取りシステム
「計器読む像」

ABOUT

メーター自動読み取りシステムとは?

カメラと画像解析ソフトを設置するだけ!
少額な投資で作業者に代わってメーター値を自動記録することが可能です!

設備を更新するという高額な投資を行い、メーター値の自動記録を行っている工場もありますが、
すべての工場が高額な投資を行うことができるとは限りません。
ここで紹介するシステムは、カメラと画像解析ソフトを設置するだけの、
少額な投資で作業者に代わってメーター値を自動記録することができます。

作業者の
読み間違い
書き間違い

エビデンスの
管理が困難
 

対応コストが
膨らむ
 

数値の傾向分析
が困難
 

立ち入れない場所
のメーター管理
 

メーター自動読み取りシステムは

ビルメンテナンスや工場の現場担当者様の

日々の課題を解決します。

FEATURE

システムの特徴

本システムでは、下記のようなお客様の課題を解決します。
01

働き方改革の実現・人手不足を解消

巡回作業員による各メーターの数値確認作業、記録作業の省力化を実現します。
目視点検またはその記録にかける労力を削減し、働き方改革を実現。人手不足を解消します。

 
02

設備稼働状況・点検頻度の向上

遠く離れた施設でも、遠隔で数値を自動読み取りすることができます。
また、一定周期で測定可能なため、点検頻度の向上、設備稼働状況を確認できます。

 
03

エビデンスを残して、傾向を分析

エビデンスを残すことができるため、異常値の検出および、データの分析等に活用することができます。

 
04

BCP対策・コロナウィルスによる休業対策

緊急事態により現場に人が駆けつけられないときでも、
担当者に代わって設備を監視して、異常時にはアラートを上げることができます。

 
05

設置は簡単、低コスト

カメラを取り付けるだけ。設備・ラインの停止は不要です。
市販のUSBカメラ・ネットワークカメラを利用するため、導入費用は低コストで構築できます。

 

SYSTEM

システムの構成

本システムの構成は下記の通りです。
システム構成イメージ

USE CASE

活用事例

本システムの活用事例を紹介します。

デマンド計監視・アラート発報

契約電力の見直しにより大幅な費用削減

通信機能のない既存のデマンド計の前に、WEBカメラを設置し、閾値を超えた際にメールによりアラートを通知。
設備の稼働のコントロールにより、契約電力を超えることなく工場を運営することで費用を削減。(年間で約200万円のコスト削減につながった例もあります)

よくあるご質問、設定方法

CONTACT

製品に関するお問い合わせ

掲載するソリューションに関しては、セールスインキュベーション部までお問い合わせください。
また、デモンストレーションをご覧いただけるショールームがございます。
どうぞお気軽にお問合せください。
※ お問い合わせ内容によっては回答までにお時間を頂く場合があります。
広告、宣伝、物品販売などはお断りします。

実証実験にご協力いただけるパートナー企業を募集しています。

※ お問い合わせの際には、「お名前」、「会社名/団体名」(個人の方は必要ありません)、
「連絡先」、「お問い合わせ内容」を記載して頂きますようお願いします。