電子製版機器

TOPICS

 

「RMGT2020新春ショー」に出展!

○2020年2月19日〜20日リョービMHIグラフィックテクノロジー(株)東日本支社にて開催

会期中は188社302名の方が来場され、活況を呈しました。今回のテーマは、「Assist Your Potential」。 印刷オペーレーターの負担を軽減する自動運転や、印刷から製本までの工程の印刷物の搬送を人に代わって自動搬送ロボット(AGV)が行う実演が行われたりと、様々な分野の専門メーカー26社が共同出展致しました。

お客様の印刷ビジネスにおける様々なお困りごとをお伺いして解決策をご提案するコーナーを設置するなど、各分野のメーカーが連携して、印刷ビジネスにおけるソリューションのご提案を行いました。

 

 

○展示の様子

弊社のブースでは、リョービMHIグラフィックテクノロジー株式会社のA3両面印刷機「RMGT3 340PCX-2」との組み合わせで、小ロット多品種における生産効率の高いシステムとして好評の「エレファクスLP-630Xe」を出展しました。

 

また「きりっ子MC-22TPlus」のコーナーでは、環境に配慮したLIMEX(ライメックス)の名刺カットを実演し、ご注目をいただきました。

きりっ子MC-22TPlusはLIMEXに対応(PDF)

LIMEX名刺とは?(メーカサイトへ)

 

お困りごとの解消としては、封筒印刷後の後加工機「フィーダーFF-14」と「フリーテーパー」の実演を行い、封筒のフラップに両面テープを<自動で貼付>することにより業務の効率アップ!を図るというご提案を行いました。

 

 

・その他出展機
デジタルサーモカメラFLIR C2

手軽にどこでも持ち運べる携帯性や-10℃〜150℃の広い温度範囲を計測でき肉眼では見ることのできない熱の問題を発見できることに、非常に関心を持っていただけました。

 

多数の皆様にご来場いただき、誠にありがとうございました。