地域相互見守り

過疎地における高齢者の見守りや安否確認は超高齢社会の日本における大きな社会課題の一つです。弊社で長年培ってきた通信技術により、IoTを使い、離れて暮らす家族や自治体、協力者等と生活状態を共有し、生活を見守るとともに、異常発生時にはすぐに駆けつける事が可能となるよう通知するシステムを提供します。

地域相互見守りについて

高齢者が住む地域の住民の自宅に、各種センサーや通報ボタンを設置し、自宅で生活している事を離れて暮らす家族や、近隣住民で確認し合うシステムです。

住民の状況、地域や自治体の運用に合わせて、選択するセンサーや、運用方法(管理人の監視、メールやSNSでの通知等)をご提案いたします。

地域相互見守り1

お問合せ