投資家情報

株主の皆様へ

 
代表取締役社長 西戸徹

 

 

株主の皆様におかれましては、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。代表取締役社長の西戸徹でございます。

当社ホームページをご覧の皆様に当社第109期(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)における事業の概況についてご報告申し上げます。

なお、当社は今年創立80周年を迎えることになりました。これもひとえに株主の皆様のご支援ご厚情の賜物と深く感謝いたします。
今後とも変わらぬご愛顧を何卒よろしくお願い申し上げます。

 


当期における我が国経済は、企業収益や雇用情勢の改善などを背景に緩やかな回復基調が続いているものの、個人消費の伸び悩みや海外情勢の不透明感などの影響も懸念され、依然として景気の先行きは不透明な状況で推移いたしました。

 

こうした状況の中、当社グループでは中期経営計画「SCRUM 80」の基本方針に則り、成長事業を創設するための活動及び収益力を強化するための開発の効率化と生産コストダウンを引き続き推進してまいりました。

 

その結果、当期の売上高は215億8千6百万円で前期に比べ3.4%の減収となりました。 利益面では売上高の減少に対して、グループをあげての原価率改善と固定費圧縮を推進した結果、営業利益1億1千2百万円(前期1億6千1百万円の利益)、経常利益2億8千2百万円(前期3億1千8百万円の利益)となりました。 なお、親会社株主に帰属する当期純利益は、2億6千9百万円(前期15億5百万円の利益)と前期に比べ大幅な減益となりました。 これは前期において、当社グループにおける希望退職の実施に伴う特別退職金13億9百万円を特別損失として、東京都による用地収用に伴う固定資産売却益29億1千4百万円、移転補償金8億8千9百万円を特別利益として計上したことによるものです。

 

以上により、当期末の配当金については、1株当たり10円の配当を実施させていただくことといたしました。 ご了承のほどお願い申し上げます。

 

今後の我が国経済は、全体として景気は引き続き緩やかに回復するものの、米国の政策動向や金融市場の変動などにより、景気の先行きは不透明な状況が続くものと予想されます。

 

こうした状況の中、当社グループでは中期経営計画「SCRUM 80」の最終年度として、中計施策を積極的に推進するとともに、既存事業の収益性と新規事業の早期確立による成長性を引き続き追求してまいります。

 

次期の連結業績につきましては、売上高225億円、営業利益1億5千万円、経常利益3億円、親会社株主に帰属する当期純利益2億5千万円を見込んでおります。


株主の皆様におかれましては、今後ともご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

平成30年6月
代表取締役社長 西戸 徹