ニュースリリース

岩崎通信機は、NSD先端技術研究所と共同で通話音声をテキスト化
 

2022年2月9日

 

 岩崎通信機株式会社(本社:東京都杉並区 代表取締役社長:西戸 徹)は、株式会社NSD先端技術研究所と共同開発した、内線通話、外線通話、会議通話のテキスト化サービスを業界で初めて(2021年12月当社調べ)ビジネスホンに搭載することといたしました。

 当社は、主力製品であるビジネスホンを使ったDX(デジタルトランスフォーメーション)の実現に向け、音声データの分析や利活用の調査・研究を進めております。そのファーストステップとして、通話音声のテキスト化を行うサービスをNSD先端技術研究所と共同で開発しました。本サービスは、本年1月26日に発売した小規模事業所向けビジネスホン「Frespec-s」に搭載し、当社関東エリアのグループ会社にてPoC(概念実証・価値検証)を行ったうえで2022年度中にユーザへの提供を開始する予定です。
 その後、中・大規模事業所向けビジネスホン「Frespec」へ搭載し、テキスト化を応用したサービス展開につなげてまいります。


 

通話音声テキスト化サービスの特長


・Frespec-sの内線、外線、及び会議通話における音声を録音し、話者を識別してWebブラウザにテキスト表示します。
・テキストは逐次通話一覧が表示され、テキストによる通話の検索、テキスト化データの表示、音声再生ができます。
・受信メールを確認するような感覚で、営業活動や受発注の受付などの通話内容の確認が出来ます。
・通話種別(内線通話、外線通話、会議通話)、回線種別(IP、ISDN、アナログ)、端末種別(多機能電話機、単独電話機、デジタルコードレス)を問わず、すべての通話に対応します。

 

 

 

 

 

共同開発における両社の役割


@ 岩通は、Frespec-sから通話情報・通話音声を取得し、通話録音、テキスト化を行い、サードパーティーによる様々なサービスの提供が可能となるプラットフォームを開発しました。
A NSD先端技術研究所は音声認識ソリューションの資産を活用し、@から通話音声データを取得し、ビジネスホン端末利用者毎に、音声及び変換されたテキストデータの取得、保存、検索が可能となるアプリケーションを開発しました。

 

 

 



想定している利用シーン
 


工場・プラント 業務指示の監督業務の効率化や報告業務の効率化など
商業施設 店舗報告業務の効率化や顧客対応の監督業務の効率化など
ホテル 電話予約の確認や顧客対応の監督業務の効率化など
ナースコール インシデント報告の効率化や監督業務の効率化など
小規模コールセンタ 受発注内容の確認、監督業務の効率化など

※将来的には、チャットボット連携や要注意発言の検知なども視野にいれております。

 

 

株式会社NSD先端技術研究所 会社概要



会社名 株式会社NSD先端技術研究所
設立 2019年4月
所在地 東京都千代田区神田淡路町2-101ワテラスタワー
代表者 黄川田 英隆
資本金 1億円(資本準備金1億円)
親会社 株式会社NSD(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:今城 義和)
事業内容 ・AIやIoTなどの先端技術を活用した研究開発及び実証実験支援
・新技術領域における新サービス・新製品の創出
コーポレートサイト https://www.natric.co.jp/

 


お問い合わせ先
 

■お客様
営業本部 第三営業部 

TEL 03-5370-5530
E-mail:hansoku@iwatsu.co.jp

■報道関係者
経営企画部 広報グループ
TEL:03-5370-5112

E-mail:pr@iwatsu.co.jp